合気道 合心館高松の薦める合気道関係の書籍

あくまでも、合心館高松の道場長の趣味です。
 

タイトル 

写真

著者

概略 





合気道
パーフェクト
マスター

道主
(三代目)
植芝 守央

 合気道初心者のための、わかりやすい指導書。書籍と付属DVDで、基本の動きを解説。著者は合気道道主の植芝守央。立ち方・座り方、構えをはじめとする基本動作から、基本技、応用技までを網羅しています。
(¥1,500+税)

 









規範
合気道
基本編

道主
(三代目)
植芝 守央

 世界95か国、160万合気道人のバイブル。技法指導の中心・植芝守央道主が演武・解説。技の骨子となる基本動作にはじまり、初段取得までに必要な技法を網羅。全面再撮影し、カット数も増加。さらにわかりやすくなった改訂新版!!(¥2,600+税)

規範
合気道
応用編

道主
(三代目)
植芝 守央

 合気会公式テキスト応用編。無限に広がる技の応用と変化を技法指導の中心・植芝守央道主が演武・解説。全面再撮し、カット数も増加。技の流れ、ポイントがさらにわかりやすくなった改訂新版。 !!(¥2,600+税)

武産合気道
(全2巻)

斉藤 守弘
(九段)
茨城道場長

 斉藤守弘九段の『武産合気道』(全5巻 1994年〜2001年刊)シリーズを、装いもあらたに2分冊にて再販いたします。これまでの日英バイリンガル版から日本語のみにしぼり、再編集の上、開祖や斉藤守弘師範の貴重な保存版写真を新たに追加いたしました。
植芝開祖の傍近く23年間仕えた斉藤師範。本書では、基本技から武器技までが、開祖直伝の稽古法とともに、口伝を交えて紹介 されています。合気道の歴史や開祖の足跡など、史実にもとづく資料や写真も多数掲載。(¥3,000/冊+税)

合気道
剣・杖・体術
の理合
(全五巻)

斉藤 守弘
(八段)
茨城道場長

 植芝開祖の傍近く23年間仕えた斉藤師範。本書では、基本技から武器技までが、開祖直伝の稽古法とともに、口伝を交えて紹介されています。合気道の歴史や開祖の足跡など、史実にもとづく資料や写真も多数掲載。(廃版)
       








合気道
のこころ

 

道主
(二代目)
植芝吉祥丸

 気・心・体 一如の合気道。技の根底に流れる気と高度の理論、合気道の精髄を吉祥丸二代道主が誰にでもわかるように解説した名著!(世界中で翻訳され、愛読されているロングセラー)(¥1,800+税)

合気道

開祖
植芝 盛平

 戦前は門外不出とされた合気道の技と精神を、植芝盛平開祖自身が監修し、二代道主・植芝吉祥丸道場長(当時)が執筆した合気道最初の記念碑的出版が本書である。歴史的事実に変化はあっても、本書が説く合気道の妙術と神髄は今も新しく、男女壮幼・世界の愛好者150万といわれる現代の武道・合気道の原点を示している。絶版後40年、多数の熱望に応える完全復刻版。(¥2,500+税)

合気道
修行

塩田 剛三
(九段)
養神館館長

 
(¥1,800+税)

合気道
人生

 

塩田 剛三
(九段)
養神館館長

 神技! その厳しい修行と波乱の人生を語る。
 身長154cm、体重45kgそこそこの小柄な著者が、武道界の実力No.1とうたわれた。その秘密は?
 少年期の思い出、合気道との出会い、植芝道場での荒修行、中国・南方で送った波乱の生活。戦中戦後の混乱期を天運と疾風迅雷のごとき技の実力で駆け抜けた秘話と、厳しい修行のもとに体得した、最高の護身術・合気道の精髄を語る。武道家ばらず、誰にでも親しみ深い人柄が、読む人に生きる勇気を与えてくれる。
 (¥1,800+税)

中心力
の時代

安藤 毎夫
養神館 龍
養神館本部
主席師範

 合気道をはじめとした日本武道のエッセンスである「中心力」を身につけることで、我々は自然の感性をとりもどす。「中心力」が我々を新たな時代に導こうとしている。
 (¥1,700+税)

合気道
の解

安藤 毎夫
養神館 龍
養神館本部
主席師範

 
合気道は我々に何を教えようとしているのか?身体の中心軸を保つ“中心力”、中心力を変化の中で使う“呼吸力”の段階を経て、相手を自在に操作する“誘導”の境地へ。和合の術理に見る合気道の「解」が混迷の世を生き抜くカギとなる。養神館合気道の「基本技」「基本動作」も写真解説。
 (¥1,700+税)

開祖
の横顔

BAB
ジャパン

 「合気道を創始した伝説的武人・植芝盛平翁。その手を取り、直接指導を受けた直弟子14人の貴重な証言をまとめた本書には、己の合気道追求と、次代に開祖の合気道を伝えるべく、真摯に師・植芝盛平に向かい続ける人々の言葉がある。ここにあるのは合気道を知り、自分のものにするためのヒントだ。 (¥1,600+税)

植芝盛平

武産合気

清水 豊

 合気道開祖・植芝盛平翁は、いかにして“合気”のイメージを掴んだのか。翁の合気道の源泉となる古代神話世界を丹念に描き出し、日本武道史最大の謎に迫る。 (¥2,200+税)

「むすび」の武術と植芝盛平

清水 豊

 「むすび」の武術では、宇宙の根源である「道」の世界においては、あらゆるものが、ひとつであり、そこから生れ出た森羅万象は、美しい協調をして生成を繰り返していると考えられる。
 つまり・・・・・争いの世界が厳然としてあるというのは、幻であり、思い込みであるとする。ただ、人は正しい認識をもてば、それで心安らかに生きられると教えるのである。(¥1,900+税)
       


黄金の天馬

津本 陽

 合気道の創始者・植芝盛平翁をモデルにしたエンターテイメント武道小説
明治16年、紀州の海辺の村に生まれた高島隆之助は、若くして自らの肉体の際限ない可能性に気づき、武道の世界にのめり込んだ。波瀾と変転の半生を経て、隆之助はやがて相手のあらゆる攻撃を素手で制する独自の武道「合気道」を創始する。本当の強さへ、そして、勝ち負けを超えた精神の高みへ―。剣豪小説の名手が、合気道創始者をモデルに渾身の筆で描いた長篇エンターテインメント。(¥895+税)

鬼の冠

 津本 陽  身の丈五尺に足らぬ小さな体に気合を迸らせ、血気に逸る大男たちを軽々と投げ飛ばす。『会津の小天狗』の異名をとり、幕末から昭和まで駆け抜けた大東流合気柔術中興の祖・武田惣角。齢七十を過ぎても衰えを知らなかった神技の数々はいかにして生まれたのか。漂泊を重ねた孤高の武術家の真髄に迫る長編歴史小説。。(¥619+税)

惣角流浪

今野 敏

 武田惣角。触れるだけで相手を投げ飛ばす、大東流合気柔術の祖である。「進む道は武芸なり」の信念のもと、武士の世が終焉を迎えた維新後もひたすら修行に励む。のちの講道館柔道の創始者・嘉納治五郎との対決を機に、惣角の流浪が始まる。西郷隆盛との邂逅、琉球空手の使い手・伊志嶺章憲との命を懸けた闘い。合気の道を極めんとする男の壮烈な青春を描く、明治格闘小説。(¥495+税)

孤塁の名人

津本 陽

 わずかに身体を動かすだけで、つかみかかる猛者たちを宙に吹き飛ばす「大東流合気柔術」。その創始者である武田惣角から直伝を受け、さらに高みを目指した伝説的師範・佐川幸義。彼の魔法のような強さはどこから来たのか?1998年に95歳で亡くなるまで、10年にわたって師事した著者が、高弟たちの証言をもとに描いた本格評伝。 (¥571+税)

武士猿
ブサーザールー

今野 敏

 舞台は、廃藩置県後の沖縄。琉球王族の三男坊・本部朝基は、王家の武術「御殿手」を習う兄に勝つため、琉球伝統の「手」の修行を始める。路上で実戦の修行を重ねるうち、沖縄の人々が抱える劣等感に気づいた朝基。本土で「手」の強さを証明し、沖縄人に誇りを取り戻すことはできるのか...!?沖縄から大阪、東京へ。沖縄武士の誇りを懸けた闘いが今、始まる―。 (¥714+税)

義珍の拳

今野 敏

 時は明治。琉球の下級士族の家に生まれた富名腰義珍は、生来の病弱を克服するために門外不出の秘伝であった唐手を学びはじめる。ひたすら同じ型を練り続ける日々の中で義珍の心身は強靱になり、修行にのめり込んでいく。そして時は移り、教育者となった義珍は、唐手を青少年の育成に役立て、古伝の精神を本土に普及させることを決意する。琉球秘伝の「唐手」を極め、本土に「空手」を伝えた男の生涯。 (¥686+税)

琉球空手、
ばか一代

今野 敏

 文壇屈指の格闘家今野 敏がつづる自伝エッセイ。
ブルース・リーに憧れた少年時代。気がつけば空手塾を主宰し、指導の合間に作家業にいそしむ毎日に。文壇屈指の格闘家がつづる爆笑エッセイ。五月女ケイ子のイラストも満載。 (¥476+税)
山嵐

今野 敏

 時は明治期。戊辰戦争の余燼も冷めやらぬ会津の地から、ひとりの若者が上京してきた。五尺に満たない小兵ながら、その天賦の才を講道館創始者嘉納治五郎に見出された彼は、柔道の修業を始める。独自の技「山嵐」を編み出し、講道館四天王のひとりに数え上げられるほどになるが、かねてから夢を馳せていた大陸への渡航を決意する。『姿三四郎』のモデルとなった天才柔術家西郷四郎の壮烈なる半生。
薩南示現流

津本 陽

 幕末京都の地で、勇猛とおそれられた示現流は、開祖・東郷重位が16世紀末、薩摩の地に定着樹立させた。京の禅院天寧寺で僧侶善吉の教えを受け、研鑽を積んだ重位の峻烈な生きざまを描いた表題作のほか、示現流達人たちの鋭き太刀風を現代に伝える剣豪小説集。「不敗の剣法・示現流」のすべて、ここにあり。
 
 











五輪書

宮本武蔵
/
大河内昭爾

 武蔵は、我々に何を伝えたかったのか。今、日本に最も必要な勝利への執念を定評のある現代語訳で読む。武蔵の生涯の分かりやすい年表付。 (¥1,800+税)

武蔵と
五輪書

津本 陽

 日本人にいま必要な活力の源泉がここにある!
剣の道を知り尽くした著者が武蔵の心技をときあかす極めつきの現代語訳
スラスラ読める総ふりがなつき原文も収録 (¥448+税)

木村政彦は
なぜ
力道山を殺さなかったのか

増田 俊也

 昭和の武道の歴史がよくわかります。
 昭和29年12月、活動の場をプロレスに移した木村政彦と、人気絶頂の力道山との一戦。「昭和の巌流島」と呼ばれ、視聴率100%。全国民注視の中、最強柔道家は、力道山に一方的に潰され、表舞台から姿を消した。「負けたら腹を切る」という、武道家としての矜持を持っていた木村はなぜ、簡単に敗れたのか?戦後日本スポーツ史上、最大の謎とともに木村の数奇な人生に迫る。『ゴング格闘技』大反響連載、待望の書籍化。 (¥2,600+税)

透明な力

木村 達雄

 90歳を過ぎた小さな老人の襟に、空手や剣道や柔道などの高段者たちが触れただけで、一瞬のうちに何メートルも吹き飛ばされてしまう―魔法のような武道を操る唯一人の男、 「大東流合気武術」師範の佐川幸義。その佐川師範の生涯と語録を、大東流奥伝四段の著者がまとめ、佐川師範が内容を認めた唯一の書。

合気修得
への道

木村 達雄

 佐川幸義師範の演武写真全100枚収録。筑波大学数学系教授として学問の道をきわめる一方、大東流合気武術佐川幸義師範の直弟子として合気の道を歩んできた著者が語る、桁はずれな数学研究と合気修行人生。

大東流合気
の真実

高橋 賢

 合気之術、恐るべし。佐川幸義先生が伝えた“合気”の謎に迫る秘蔵写真100頁300枚掲載。

あなたの知らない
武術のヒミツ

長野 俊也

 あの秘技は本当に効くのか!?世間に流通する武術の神秘的なイメージをメッタ斬り。専門家でも騙される「気」「合気」「発勁」「ナンバ」「縮地」といった言葉を検証し、武道界のタブーに挑んだ超問題作が、文庫になって再び見参。神秘と憧れの響きを持って語られる武術の謎が、今、解き明かされる。 (¥648+税)

潜在力を引き出す
武術の丹田

長野 俊也

 丹田感覚が限界を超越する。(¥1,500+税)

武道に伝える
武術の教え

長野 俊也

 
武道の源流とは何か?注目すべき武術への招待。「武術はこうして武道になった」という歴史と技術の変遷について解説。 (¥1,500+税)

身体から
革命を
起こす

甲野 善紀

 「捻らない、タメない、うねらない」これまでの常識を覆すその身体技法は、まさに革命である。武術家・甲野善紀が、武術、スポーツのみならず、音楽演奏や介護にまで変革をもたらしたのは何故か?古武術の探求をはじめとする甲野の現在とは?「ナンバ」に代表される日本人古来の身体の使い方など、西洋的身体観では説明できないその術理は、もはや我々の思考方法にまで転換を迫る。 (¥1,400+税)

身体を
通して
時代を
読む

甲野 善紀
内田 樹

 『「学び」とは別人になること』、『「生きている実感」に火をともす』、『あらゆる社会制度の分岐点で』―。日本が抱える喫緊の課題の解決策を、介護、教育の世界からも注目を浴びる武術研究者・甲野善紀と、フランス現代思想の研究者にして合気道六段の内田樹が、武術的視座から解き明かした画期的憂国対談。 (¥1,500+税)

響きあう
脳と体

甲野 善紀
茂木健一郎

 現代科学の問題点はどこにあるのか。冒頭から「現代科学・科学者批判」を展開する古武術家・甲野善紀氏。それを柔らかに受け、共感を示しつつも、時に反論を加えてゆく脳科学者・茂木健一郎氏。脳と身体の無限の可能性を考え抜き、限界を見極め、さらにはその壁を超えるべく飽くなき努力を積み重ねてきた両氏による真剣勝負。現代社会の問題点を抉り出す知の交響楽、スリリングな対話。 (¥1,400+税)

賢い身体
バカな身体

甲野 善紀
桜井 章一

 昔、あたり前のことが、今では「特別なこと」になった。「便利さ」を追求しすぎて、現代人は孤独になった。子どもが憧れる「格好いい大人」がいなくなった。困難をあらかじめ取り除くから、「生きる」意欲が減退した。なぜ、そうなってしまったのか。その答えは、二人の対話の中にある。伝説の勝負師と身体の革命家が出した困難な時代を生き抜く知恵とヒント。 (¥1,400+税)

荒天の武学

内田 樹
光岡 英稔

 現代思想家・内田樹は合気道七段の武道家でもある。その内田が注目するのが中国武術韓氏意拳の光岡英稔。光岡は十一年にわたるハワイでの武術指導歴を持ち、きれい事ではない争闘の世界を歩いてきた。本書はふたりの対話を通じ、護身、闘争という狭い枠にとどまらない、武術に秘められた荒天の時代を生きぬくための知恵を提示する。(¥760+税)

「強さ」とは何か

宗 道臣
/宗 由貴

 少林寺拳法は、単なる格闘技ではない。十六歳にして天涯孤独となった少年が、いかにして「人づくり」を旨とする教育者として頂点を極めたのか―。生誕百年を記念し、遺された名言の数々から厳選した珠玉の70本。

サムライ学入門

馬場 欽司  仕事や生き方のヒントに!  日本人だからわかるサムライの力
うまくいかないのは理由がある。 命がけの世界で生まれた成功法則を学べ!(¥1,300+税)