腰痛や座骨神経痛でお困りではないですか?

●いつも腰が痛いとお悩みではないですか?

●長引く腰痛に諦めていませんか?

●今の腰の痛みは、腰だけが原因だと
 思っていませんか?


背骨(脊椎)は小さな骨が縦に積み重なってできています
その背骨の下部にある5つの骨を腰椎といいます
腰椎周辺には末梢神経が束になった「馬尾」がありその
周辺の組織が様々な原因で異常や圧迫されると腰痛や足の
しびれなどを引き起こします




腰痛は当院でも診察する機会が一番多い疾患


腰痛は当院で一番施術する機会が多い疾患です
様々な症状でお悩みの方がいらっしゃいます

腰痛と一言でいっても多種多様で原因、症状
それぞれ違います
当然治療も原因や症状により異なります

最近では、単純に腰周辺が疲労して痛むもの
だけでなくストレスからくる腰痛もあり安静に
していれば治るといったこともないので積極的に
治療することで早期回復、早期改善、体質改善を
心がけることが大事になってくるのではと感じて
おります

加齢や環境で今までなんでもなく出来ていたことが
出来なくなりませんか?

体を支える衰えて支えが不十分になることにより体の
バランスを崩し脊椎や骨盤のズレ生じて本来の動きが
出来なくなる悪循環に悩まされ慢性腰痛から抜け出せ
ない方が多く見受けられます

まず、痛みや違和感を早く取りその後、大事なのが
本来の動きが出来るようにバランス調整する。これが
再発防止にもつながり重要だと感じています



痛みは体からのメッセージ

腰痛や腰への違和感は重傷になる前の体からの
サインです!
体から発せられるメッセージに耳を傾けて下さいね。



腰痛の症状


●姿勢や動作で痛みが変わる
  (背腰部の諸組織の異常など)

●動くと少し楽になる
  (血液やリンパの流れが悪い事によるものなど)

●腰の痛みが足まで広がる、または足先に
 シビレなどがでる

  (座骨神経痛や神経の異常など)

●痛む場所があれこれ変わる
  (精神的な物が関与していることもある)

●じっとしていても痛む
  (生理痛や内臓からくる痛みなどが関係して
いることも)




慢性腰痛

腰痛は、病気の名前ではなく西洋医学では、はっきり
原因のわからない腰の痛みの総称です。症状は、
重い痛みや違和感などが続き人によりいつも痛かったり
良くなったり悪くなったりの繰り返しが起こります。
原因といわれる大部分は筋肉が主です。筋膜生の腰痛
ともいわれます。
慢性になると単純な筋肉の疲労から筋肉が硬直し
骨や関節のずれが生じやすくなります。

ぎっくり腰(ギックリ腰)


ギックリ腰は、急性期腰痛で症状は、歩くのも困難な
激痛です
痛みは激痛ですが対処方、治療により早い回復が可能です
重い物を持つことで発症されると思ってる人もいますが
大半が蓄積疲労が原因で不用意な動作で発症する例が
多いです。
予防的に腰のケアをすることで防げる疾患です
少数ですが痛みの原因に腰椎ヘルニアが隠れていることも
あり注意が必要ではあります


腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間の一部が飛び出し周辺の神経根にあたり痛みや
足へのしびれを引き起こしてしまう疾患です。西洋医学
では症状がひどくなると手術することもあります。
しかし程度により手術をしないで楽になる疾患でもあり
症状が長引く疾患ではありますが当院で手術しか治療法が
ない患者さんも施術により普段通りの生活に戻られた方が
多くいらっしゃいます。



脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は加齢とともに脊柱管が狭くなり神経が
刺激されることで起こる疾患です。
症状は休みながらでないと歩けない「間欠跛行」が
特徴です。
椎間板ヘルニアと同様、原因がはっきりしている疾患
ですが長引く症状に悩まされている方も多くいます。



腰椎分離症、腰椎すべり症

腰椎が分離したり分離の影響で腰椎が前方にすべって
しまう疾患です
前方にすべることで神経などが圧迫し腰痛や足の痛みが
出てきます
若いときにスポーツをしている人に多く発症し大人になり
再発するケースもあります
学生の場合、部活が休めないなどの状態で悪化する事が
多く放っておくと部活動が出来なくなってしまうことも
ありますので注意が必要です


精神的、慢性的な痛みの記憶

痛みという感覚は、神経を通って大脳皮質に達します。
ここに痛みを感じ取る場所があります。
そこは全身からくる感覚神経を抑制したり増幅したり
する作用も行われます。心因性の物もここが影響して
痛みがある程度収まった物でも「痛みの残存」として
脳に残っていて痛みを出し続け結果慢性的なコリや
痛みを感じている人もいます。そうした症状は
定期的な治療、そして全身の治療を行う必要があります。

腰痛の原因

腰痛は、大部分が腰椎と呼ばれる部位あるいは、
その部位周辺の異常で起こりますがどういったことで
起こりやすいのでしょうか。様々なことが考えられます。


1.筋肉の疲労

2.不良姿勢

3.運動不足

4.運動過剰

5.精神的なもの

6.事故や外傷

7.内臓の病気など

8.食習慣

9.加齢



この中でも特に多いのが1~4で共通する筋肉の異常です。

不良姿勢や運動不足、反対に過剰な肉体労働などにより
腰椎や骨盤を支える筋肉(主に背筋、腹筋、臀筋
(おしりの筋肉)腸腰筋)が蓄積疲労や瞬間的な負荷
により異常が起こりバランスが崩れたり痛みが
でるようになります。

そうしたことで起きる筋肉の緊張で骨や関節が引っ張られ
ズレや歪みが生じてしまうのです。

※下のイラストは慢性腰痛や骨盤のズレに大きく関わる
腰のインナーマッスルである腸腰筋


長引く腰痛には自律神経が大きく関わっていることも

先ほど説明した筋肉の異常だけでなく自律神経も
同時にバランスを崩し長引く腰痛の原因になっている
ことも多いです。

自律神経が乱れると自律神経に支配されている筋肉や
内臓などが異常な緊張を起こしてしまいさらに症状を
悪化してしまい悪循環になるケースが見受けられます

腰痛治療 三箇条


1.まずは痛みを取ること和らげること!

2.その人本来の自然で正常な姿勢や動作が行えること!

3.腰痛を予防し再発を防ぐこと!


腰痛治療方針

異常を起こしている筋肉のケア
(指圧やマッサージなどで対応)不良姿勢やズレ
歪みを当院独自のバランス調整により本来ある体に
戻していきます。

同時に自律神経の安定を目的に調整を行い
長引く症状に対応していきます。


痛みには個人差があり自己判断には注意


自覚症状があまりなくても(凝っているけど感じない)
悪化している方も多くいます。

定期的な疲れや柔軟性を高めるケアをすることで
未病のうちに予防したいですね


マッサージ、スポーツマッサージ、指圧、整体、脊椎矯正、腰痛でお困りの方は松山市のだいまる治療院へ椎間板ヘルニア、ギックリ腰、側湾症、坐骨神経痛、慢性腰痛、座骨神経痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、腰からくる足の痛みなどお気軽にご相談下さいませ。

治療院概要

治療院名 指圧だいまる治療院
設立 平成10年1月10日
施術内容 整体・指圧・マッサージ・脊椎矯正・骨盤矯正
住所 〒790-0065 愛媛県松山市宮西2丁目7-32
電話番号 089-924-4681
メールアドレス kendai@ma.pikara.ne.jp
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com