2008/11/08 緊縛ショー   緊縛師  紗玖羅

2008年11月 KisSis−Peach主催ファッションショーのアトラクションで緊縛ライブショーを開催

ファッションショーよりも、この緊縛ライブショー目当ての入場者も多かった・・・・。





緊縛ショーは実際に生で見ることが、先ず無い観客達の視線が舞台に集中する・・・・






最初は、今回のイベント企画実行者である私「KEIKO」が緊縛師「紗玖羅」氏の縄を掛けられる。

その瞬間、ザワザワした観客の声が静間に帰る、私も緊張と不安、そして羞恥の中、緊縛師に身体

を預けてゆく・・・・あっと言う間に両手が頭上に・・・






どうしょう??・・と思う間も無く、麻縄が私の足首を、そして、次の瞬間、その脚が持ち上げられる

恥ずかしさの中、もう引き返せない状況に・・・・荒い麻縄が口枷となって私の口に噛まされた






そして、次の瞬間、私の身体が宙に浮く、生れてはじめての感覚に不思議な興奮を覚える・・

そして、また、次の瞬間に私の身体は上向きから下向きへと一瞬で変わると・・・観客から

「おぉっーと言うどよめきが・・・・・自分で自分の身体がどうなっているのか悟ることが出来ない





でも・・今、私の身体は、この細い数本の麻縄によって完全に、私の身体は宙に浮いている、痛い

と言う感覚では無く、生れて始めて味わう不思議な刺激と興奮が全身と心に・・・・・私は本当はM

のマゾヒスト性癖があるのかも・・・このままの姿で辱められたい、いじめられたい、・・そんな淫ら

思いが心の中で叫んでいたことも事実かも知れない。










私「KEIKO」の前ショーも終わり、いよいよメインのManamiさんの緊縛ライブショーの開始に鑑賞者

の集中も一層感じられる・・・・真っ赤な長襦袢がファッションショーとのアンバランスで一層、その

妖艶さを漂わせいました。








緊縛師の手によってManamiさんの身体に麻縄が掛けられる、「あっ」と言う間に、Manamiさんの

両手は後手に緊縛された・・・・・・







そして・・驚くことに火の付いた真っ赤なローソクが・・・Manamiさんの口、そして舌へと垂らされてゆく・・

観客達はその姿を息を殺して見つめていた。Manamiさんの白い肌、そしてその口と顎から、その赤い

蝋燭が流れてゆく、その姿は見た事の無い妖艶な姿でした。






凄い蝋燭責めが終わり、息を付く間も無く、Manamiさんの身体は緊縛師の手によって縛られてゆく・・







縛師師の指示によって私はManamiさんの身体を・・・・・・恥ずかしさと興奮が入り乱れる







やがてManamiさんの片足が麻縄によって吊られ、恥ずかしい姿と・・・白い純白の下着が鑑賞している

男性達の視線を一点に集中させていたかも知れない・・・・







縛師師の持つ鞭がManamiさんの生肌に「ビシッ」と凄まじい鞭音を響かせる・・・・その鞭にManamiさん

の口からは、切なく、そして妖艶な呻きに似た不思議な女の声が観客達の耳にも聞こえていただろう





縄に酔う、そんな言葉を何度か耳にしたことあったのですが、M性癖を持つManamiさんは正に

その言葉が当てはまっていたような、緊縛師の動きはManamiさんの赤い長襦袢を無造作に乱

しながら、素早く次ぎの行動に・・・・・・





緊縛師の緊縛技とManamiさんの次第に縄に酔う妖艶なる姿に観客は息を殺して見つめていた。





Manamiさんの脚に縄が巻かれた直ぐだった・・・・Manamiさんの身体が逆さに宙に舞い上がった

観客から大きなどよめきが起こる・・・・縄は無常にもManamiさんの口にまでも閉ざすように口枷

が施された瞬間・・・私は緊縛の真髄とその奥深さを改めて認識した。






舞台には、丸で江戸時代の拷問シーンを見ているような光景が、現実に起こっていた。

緊縛師「紗玖羅」さんの言う、これが緊縛美と言うことなのだろうか・・・私はその美に同感

してしまう。エロチックなのだが、嫌らしいエロさは無い、只管綺麗、妖艶と言う観念だった。





やがて吊られたManamiさんの身体は緊縛師の縄の解きによって降ろされた、完全に縄酔いする

Manamiさんの表情が一段と色っぽいかったのが印象的だった。・・・




緊縛師 紗玖羅〜
緊縛暦21年、女性の肉体を麻縄で縛ると女性の身体と表情は見せた事の無い妖艶な表情を漂わせる。
そんな女性の妖艶なる光景に魅せられ緊縛に取付かれた。プレイを目的としない、只管緊縛美にその思いを一心に掛ける。
如何なる世界遺産の名跡や光景を見るよりも私にとっては何よりも、その美は美しい。
縛られることに興味を示さない女性も多い、しかし、ある統計では89,4lの女性が縛られることによって刺激と興奮を覚えることが実証されている。
真のM性癖を持つ女性にとっては性的快感とは、また、別の刺激と興奮が目覚め女性ホルモンの分泌力も膨大し女性としてのフェロモンが一層女性の身体と身こなしを女性らしくなり男性の理想的存在になり得ることが大きい。
一度緊縛経験、体験をして見たいと思う、カップル様及び単独女性さまへ、誰にも知られることの無い方法で実体験して見て下さい。くれぐれもご注意事項。最近出会い系サイト等で自称「緊縛師」と言う方と個人的にこの体験をされた方から、酷い状況の内容を聞きます。縛った女性を無理やり悪戯すると言う、緊縛師ではなく唯、女性の肉体を目的とした自称「緊縛師」を名乗る男性が多い事に十分ご注意下さい。
紗玖羅の緊縛体験を希望の方は、予めKisSis-Peach店長「KEIKO」を通じてご連絡下さいませ。


縄を解かれるManamiさんの表情には、もっといじめて欲しいのに・・・・何かそんな思いがあった

のかも・・・それは私にも感じ取られた・・・・緊縛ショーの後でManamiさんに本心を聞いたところ

やっぱり私の想像が当たっていたことが明らかに・・・・・・・











縄が外れ、観客にご挨拶・・・大きな歓声と大きな拍手に私は、この緊縛ライブショーを実演した

ことが成功だったことを改めて感じ、凄く嬉しく満足だった・・・・まだ、Manamiさんの縄酔いはこの時

覚め止まぬ・・・・・・それだけ入り込んでいたのでしょう・・・・この次は、私も本格的に縛られて調教

を受けたいと真から思っていた。





Manamiさん、そして緊縛師「紗玖羅」様、本当に貴重ななるショーありがとうございました。




「貴女も隠された性癖を一度体験して見ては?」

ご夫婦/カップル様/単独女性様へ、マンネリ化した夫婦生活の刺激に、また、心と身体の奥底で秘めているM性を是非一度試して見て下さい。緊縛は無論のことですがM女としての調教やプレイにも対応して頂けます。
他人には絶対に知られたくない方々、安心して体験して下さい。個人の秘密は堅く厳守信頼出来る方です。記念のデジカメ写真撮影も可能ですので刺激的な画像を是非残して見ては??本心を言うと私【KEIKO】も、Manami様も嵌っています。体験と経験希望の方はKisSis-Peach<KEIKO>迄ご連絡下さい。





TOPに戻る

1